SMBCモビット借り入れ可能度診断

SMBCモビット審査厳しい?

SMBCモビット借り入れ可能診断がある?

お金を貸してくれるSMBCモビットやアコムなどの金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、SMBCモビットなどの消費者金融とは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。SMBCモビットでも審査に通るか不安と言う人もいるでしょう。

アコムでもSMBCモビットやプロミスなどでも借り入れ可能かおどうかの簡易診断というものがあります。また、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がありません。 専業主婦の方でも利用することができますが近年は法律が変わって厳しくなっているところもあるようですので公式サイトで確認したほうがよろしいでしょう。

SMBCモビットなどの消費者金融のキャッシングには無利息期間があったりします。アコムでもアイフルなどでもSMBCモビットでも無利息期間が設けられているようです。

銀行とSMBCモビットとの違いはなんでしょうか。それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

SMBCモビットやプロミスなどの消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためSMBCモビットのようなカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。


審査厳しい?SMBCモビットでお金借りたい

SMBCモビットのようなカードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトからSMBCモビット申込フォームで申請するだけでOKです。

SMBCモビットでは振込融資も可能です。審査に通るか不安と言う人は、借り入れ可能診断を利用するのがおすすめです。

参考:SMBCモビットの借り入れ可能度診断とは?一覧を紹介【WEB完結】

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラックというイメージが払拭されつつありますね。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上を確保して企業としての利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。



Copyright (C) カードローン比較ガイド「借りやすい銀行カードローンのおすすめ」 All Rights Reserved